アトピーによる頭皮のかゆみを抑える治療法

アトピーの頭皮のかゆみを抑える治療法

アトピーの頭皮のかゆみを抑える治療法

 

アトピーの人は、肌が乾燥しやすい傾向にあります。そのため、頭皮の痒みが悪化する事もあるでしょう。頭皮には髪の毛があるため、ステロイド等の治療薬を塗ることができません。そのため、薬以外での改善が好ましいでしょう。

 

まず、頭皮にアトピーの症状が出るのは不飽和脂肪酸が多く蓄積されることが原因だといわれています。不飽和脂肪酸は、チーズ等の乳製品、ラードや牛肉、豚肉等の肉類に多く含まれています。これらの食品を控える事で、頭皮の痒みを改善することができるでしょう。不飽和脂肪酸を体内に吸収しなければ、早い人なら数週間で効果を実感することができます。

 

また、不飽和脂肪酸を出来るだけ摂取しない生活を送れば、体の痒みを緩和出来るのではないでしょうか。それでも痒みが取れない場合や食事の制限が難しい場合は、塗り薬を塗るのも良いでしょう。頭皮に塗り薬を塗るには、水溶性の薬をスポイトのような物で塗ることをおすすめします。頭皮に塗りやすい薬は医師に相談をすることで処方して貰えるかもしれません。
特に木酢液は水の様にさらっとしていて髪の毛にも塗りやすいでしょう。

 

アトピー治療

ステロイドフリーという治療方法をご存じでしょうか。アトピーが原因で起こる皮膚炎の新しい治療方法です。
アトピーや皮膚病の改善に一番良く使われている薬が、ステロイドです。ステロイドを塗ることで、痒みや炎症を緩和することができます。しかし、ステロイドを塗ることでアトピーが悪化してしまう可能性があります。
ステロイドを塗ることでアレルギー反応が増加する可能性がある、細菌感染症を悪化させてしまう可能性がある、皮膚が委縮してしまう、これらの点から、ステロイドの治療はアトピーを悪化させてしまう可能性があるのです。

 

ステロイドを塗ることで人の自然治癒能力が低下する可能性があるので、中尉が必要です。今までステロイドを塗り続けてきた人がステロイド治療をやめると、リバウンドで皮膚炎が悪化する可能性があります。

 

しかし、生活習慣等日常で皮膚病改善に良い生活を送ることで、ステロイド無しでも生活することができる、丈夫な肌を手に入れることができるでしょう。
ステロイドで症状が改善しない方は、ステロイドフリー治療を行って見てはいかがでしょうか。

 

続きを読む≫ 2015/03/10 15:43:10

ホーム RSS購読 サイトマップ